読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍋パーティーのブログ

再分配の重視を求める「鍋パーティー」の共用ブログです。

「貧困問題を政治利用するな」

藤田孝典と言えば、「反貧困」の活動では湯浅誠や稲葉剛・今野晴貴らと並んで名前が比較的知られた方であり、貧困問題に関してもいくつか著作をものしている。 その藤田が12月17日に12月17日に以下の様に立て続けの呟きをしているのだ。 左翼やリベラルは、…

再分配や貧困・社会政策を文章にするということ・報じること

WelQが医学的に怪しい記事を載せていたというのを切っ掛けに、ここ一ヶ月ばかりネットメディアことに「キュレーションメディア」と称されるものへの批判が激しい。何しろ専門家が吟味して取捨選択するという「キュレーション」本来の意味とは裏腹に、記事を…

有害な若者向け選挙キャンペーンはやめてくれ

著者:suterakuso kojitakenさんの『きまぐれな日々』のコメント欄で生まれたコメンターです。 なお、この記事は、拙ブログの記事のコピーです。 参院戦も近づき、18歳に選挙権が与えられて初の国政選挙ということで、若者向けの選挙キャンペーンも熱を帯び…

#保育園落ちたの私だ も育児休暇も根っこは同じなのだよ、大馬鹿者。

この匿名ブログが発端となって、この数日ばかり国の保育政策の貧困振り・保育士の労働環境の劣悪さなど保育絡みの様々な問題が俄然注目されている。元々が匿名ブログへの投稿だっただけに政権側も当初はスルーを決め込んでいたが、 #保育園落ちたの私だ とい…

保育園・幼稚園は現代の「奴隷施設」だ! ~保育施設の充実は所得再分配の論理から完全に逸脱している~

今回は、あえて炎上しやすいタイトルをつけてみた。というのも、先日の増田の何げないエントリーから始まって、ネット上で拡散されて、新聞・テレビで取り上げられて、果ては安倍晋三までもが予算委員会で発言するなど、保育園不足の深刻さが世間の注目を集…

「新たな価値観」は何のため?──あるいは「定常社会」のおぞましさについて

このブログの最初で、安冨歩のピケティdisにかこつけたノブレス=オブリージュ・階級社会賞賛にブチ切れたことに触れたが、それから優に1年近くして又もやブチ切れる一文を目にする破目になった。 移行期的混乱―経済成長神話の終わり (ちくま文庫) 作者: 平川…

「質実」で「健全」で「がんばる人が安心できる」シバきに満ちた社会

きまぐれな日々 - 「元財務官僚・玉木雄一郎(民主)の『財政再建ガー』(呆)」 上記エントリでは政権批判にかこつけて財政再建が遠のくという玉木議員の批判を、均衡財政やら財政再建原理主義など欧米辺りなら保守派やネオリベのドグマになっていると批判…

財政を家計にたとえるなら…

著者:suterakuso kojitakenさんの『きまぐれな日々』のコメント欄で生まれたコメンターです。 つい最近、母がこんなことを言っていたので、びっくりしました。 「本当、政治ってでたらめになって。アメリカのために戦争しても憲法違反じゃないって。それに…

利潤ガー報酬ガー原価ガー・・・・・そして誰も得しない社会が残った

旧『鍋党ブログ』で自分も含めてちょっとした論争になったエントリがある。「『利潤』は世界を豊かにするか」というエントリだ。 利潤は「世界からのピンはね」? このエントリの著者はそれこそ『資本論』(のそれも入門書的なモノくらい)を齧った程度で、…

「ノブレス=オブリージュ」って「トリクルダウン」より当てになんないんじゃね?って話

と言う訳で、早速いの一番に自分がエントリを書くことにしたのだが、先ずは昨年暮れにTBSで放送された『サンデーモーニング年末スペシャル』の余りの酷さに辟易としたとこから話を始めるとしよう。 そもそも初っ端から酷かった。俗流の反グローバリズム満載…

鍋パーティーのブログ 開設にあたって

このブログは、FC2に開設していたブログ「Nabe Party 〜 再分配を求める市民の会」の後身となるブログです。富の再分配を中心とするテーマについて、寄稿者に自由にお書きいただいた記事を公開する場として設けました。 富の再分配 (英: redistribution of …